愛知県刈谷市の株式会社エアーサプライ

〒448-0003 愛知県刈谷市一ツ木町8丁目6番地15

住宅設備施工

限りある資源より無限のエネルギーを

限りある資源より無限のエネルギーを
当社は、オール電化・太陽光発電の設置 ・エコキュートの施工も行っております。主に一般住宅から工業施設などまで、幅広く設置工事をしております。
お客様のニーズにお応えし、他社には負けないハイクオリティーで安心な低価格の工事をいたします。日々研究を重ね、省エネで能率の向上を考えております。よりよくなるように日々追及していきます。

オール電化

オール電化とは、ガスを使わずに電気でエネルギーを供給するので、 火災の危険がなく安心です!しかも高熱費もお安くなり経済的です。 さらに省エネ効果も抜群で言う事なしです!!

安心で安全のオール電化

オール電化物件とは、お風呂・調理・空調等のシステムを全て電気でまかないます。 IHの場合、直接に火を使用しないので、ガスコンロより安全です。
最近、オールメタル対応のIH機器もあり、ガラス鍋や土鍋も使えるように進化しました。
今、お持ちの器具を考えながら選んでいきましょう。

夜間の料金を賢く使用

時間帯別のプランを使用し、光熱費を節約するのが、一番賢いです。夜間の電気代は昼に比べて安いという料金体系になっています。なので日中は仕事で電気を使用しない人は節約になるということです。
オール電化

太陽光発電の設置

太陽光発電のしくみ

太陽光発電システムのしくみは
①太陽電池パネル(モジュール)
②パワーコンディショナ・リモコン
③分電盤
④売電メータなどで構成されています。
太陽光発電の設置
太陽光発電

名称
説明
①太陽電池モジュール 太陽の光をこのパネルで受けて、電気をつくります。
②パワーコンデショナ・リモコン 太陽電池モジュールで発電された直流電力を家庭で使用する交流電力に変換する。
さらにシステム全体の運転を自動で管理します。カラー電力モニタで発電状況などを表します。
③屋内分電盤 発電された電力を各部屋で使えるように送ります。
④電力量計 総発電量から使用分を差し引いた売電電力量と購入した買電電力量をそれぞれ表示します。

エコキュート

エコキュートを選ぶためのポイント5つ

数多くのメーカーの商品が品揃えされています。商品の機能もキリがありません。その中からお客様のご自宅に一番合ったエコキュート選びをしていただけるように、ポイント5つを挙げてみました。どうぞご参考になってください。

■機能はどうか
■給湯圧力
■タンクの大きさはよいか
■タンク形状はどうか
■お住まいの地域はどこか(設定は最低気温でされます)

エコキュート

機能はどうか

フルオートタイプ・・・一番高性能で、値段も高い。風呂温度は35~48℃の範囲で設定できます。
オートタイプ・・・お風呂に入る時間がある程度同じ場合はこちらがお勧め!風呂温度は35~48℃の範囲で設定できます。
給湯専用タイプ・・・自動お湯はり、設定量になったらブザーでお知らせしてくれます。給湯温度は37~75℃の範囲で設定できます。

給湯圧力

2階での給湯がエコキュートは可能ですが、3階の場合は直圧式エコキュートをお選びください。給水の圧力によっては2階への給湯圧力が下がる可能性もあります。ガス給湯器のほうから入れ替える場合は注意が必要です。給湯圧力が下がりすぎて、支障がでる場合は別途専用ポンプが必要になります。

タンクの大きさはよいか

タンク容量
家族数(人)
タンク容量(L)
1~2 200
2~3 300
3~4 370
4~5 460
6~7 550

タンク形状はどうか

タイプ
用途
標準(角形) 一般的な一戸建ての住宅向けで種類も豊富にあります。
タンクユニット 約80cm 四方の設置スペース必要。 高さ 約220cm
スリムタイプ 横幅を小さくし、設置面積狭くしたタイプ。
タンクユニット 設置面積 67×56cm 高さ 約220cm
薄型(都市型) 奥行き他に比べて薄い為、隣の家との境目が狭くても設置可能。
タンクユニット 最薄 奥行き約45cm  幅110cm
デザインタイプ とにかくデザインにこだわる人向け。
設置場所が充分に確保できるなら、標準(角形)エコキュートをお勧めします。

お住まいの地域はどこか

エコキュートはヒートポンプの特性上で使用できる最低気温があります。それぞれあったものを採用して下さい。
■一般地仕様・・・最低気温が-10℃以下にならない。
■寒冷地仕様・・・-20℃になる寒冷地。

・次世代省エネ基準地域Ⅰ(北海道西部など)
・次世代省エネ基準地域Ⅱ(青森、秋田、岩手など)
・次世代省エネ基準地域Ⅲ(長野、福島、宮城、新潟、山形、栃木)
・次世代省エネ基準地域Ⅳ(近畿、中国、四国、関東、東海、北陸)
・次世代省エネ基準地域Ⅴ(鹿児島、宮崎)
お問い合わせはコチラ メールフォームはコチラ